世界はレコード不足と価格高騰に直面している

  • 2021年10月27日
  • News

レコードの売り上げはここ10年にわたり成長トレンドを維持しています。

RIAAによると、2021年上半期の米国におけるレコード売上高は約2倍になり、IFPIによると、2020年の世界のレコード業界の売上高は前年比で23.5%増加しました。

レコード人気の再燃は非常に喜ばしいことですが、パンデミック、サプライチェーンの混乱、化学物質の高騰、空前のレコード需要などの要因により、レコードの品薄状態が続いています。例えば、多くのアーティストが比較的簡単に作れるCDやカセットテープでのリリースに切り替えを余儀なくされていることを認めていて、専門家は製造の遅れやコストの増加など、レコード不足の影響を指摘しています。

レコード、クレジットカード、パイプ、医療機器などに使われているポリ塩化ビニール(PVC)の価格は、パンデミックの影響で「70%も高騰した」といいます。

最近では、ユニバーサルミュージックが、1991年9月24日に発売されたニルヴァーナの「Nevermind」の30周年記念盤を発表しましたが、これらのアニバーサリーエディションの中でも最も高価な「180グラムのLP8枚」を同梱したVINYL BOX SETは、今から7ヶ月後の2022年5月下旬に出荷される予定となっていて、レコード不足の深刻さを物語っています。

英誌Mixmagで特集されていた「レコード業界が限界を迎えている理由」の一部をご紹介いたします。

この2年間のヴァイナルの大成功を無視することは困難でした。2010年代初頭に人気が復活して以来、売上は着実に増加してきました。2020年には記録的な年となり、2021年前半だけでもレコードの消費量は2倍以上になりました。にもかかわらず、レコードをプレスするまでの待ち時間が大幅に増加したり、製造過程でのエラーや、レーベルがこのフォーマットのリリースを完全に放棄したという報告が相次いでいます。なぜレコード業界はこれほどまでに混沌としているのでしょうか。

プレス工場での圧倒的な需要、輸送コストの上昇、材料不足、そしてメジャーレーベルからの関心の高まりが、すでに衰退していた製造工程を限界まで押し上げているのです。レコードの生産が困難な現状が浮き彫りになったことで、シーンの中でのレコードの役割にスポットライトが当てられています。音楽は本当にヴァイナルにプレスされていなければならないのか?ヴァイナルは物理的にリリースできる唯一の方法なのか?もっと持続可能な手段を探すべき時が来ているのではないでしょうか?

インディーズレーベル<Coyote Records>を運営するTomas Fraserは、多くの小規模レーベルのオーナーと同様に、2019年にレコードで販売したのを最後に、レコードへのプレスをやめざるを得なくなりました。「どうしたら解決出来るのかわかりません。正直なところ、本当にイライラしています。誰も気にしていないようだし。」

では、現在、レコードをプレスするのにどれくらいの時間がかかっているのでしょうか?<Lobster Theremin社>の流通サービスは、顧客へのメールで、現在20週間という見積もりを出していますが、私たちが話を聞いたレーベルやアーティストの間では、わずか10週間から1年に至るまで、さまざまな見積もりが出ています。これは、遅延やミス、配送上の問題を考慮したものではありません。

ブリストル在住のフリーランス・レーベル・マネージャーであるLizzie Ellisは、現在の待ち時間と予期せぬ障害が引き起こす大混乱を身をもって体験しています。「私たちは2月にレコードを送りましたが、基本的にはまだ順番待ちの状態になっています。」

「これまでレーベルやメーカーと仕事をしてきて、テストプレスを送り返さなければならないことはほとんどありませんでした。私が思うに、工場が超過密状態でミスを誘発しているのではないかと思うのですが、私たちにとってはリリースが手詰まりになっているということです。」

少量のレコードをプレスしたいと考えている人にとって、待ち時間が長くなることは、物理的にリリースできるかどうかの分かれ目になります。消費者は、製品を手に入れるために5ヶ月以上待たされることになると、レコードを購入する可能性が低くなりますし、予約注文なしでプレスすることはレコードが売れなかった場合リスクを伴います。

このような待ち時間にもかかわらず、ヴァイナルがこれほどブームになったのは、CDディスクが登場する前以来のことです。2020年には史上初めてレコードがCDを上回り、2021年の販売数はすでに昨年を大きく上回っています。

その勢いは衰える気配がなく、「Global Record Sales Market report 2021-2026」では、2019年には1億7900万ドルだったレコード業界の評価額が、2026年には4億8150万ドルになると予測しています。最近の調査では、16〜25歳の年齢層(またはZ世代)の15%が、過去12ヵ月間にレコードを購入したと答えており、ミレニアル世代の11%を上回っています。

では、なぜこのように人気が急上昇しているのでしょうか?それは、パンデミックや世界的なロックダウンの影響で、ライブハウスやクラブへのアクセスができなくなり、デジタルやフィジカルの音楽販売が増加したことが大きな要因です。経済的に困難な状況にあるお気に入りのアーティストやレーベルを支援したいというファンのために、Bandcamp Fridaysは、収益のすべてが販売者に直接支払われるため、レコードの販売を後押ししました。ローリングストーン誌によると、2020年のパンデミック時には、この取り組みによって販売者に4,000万ドルがもたらされたそうです。Bandcamp社がMixmagに語ったところによると、同社の売上の約半分は物理的な商品で構成されており、主にレコードがその代表格で、2020年のBandcamp Fridaysでは、物理的な商品の売上が107%増加したとのことです。

プレス工場の能力が需要に追いついていないのです。ある匿名の関係者がビルボードに語ったところによると、全世界で年間1億6000万枚のレコードを製造する能力がありますが、現在の需要を満たすためには、その能力を3億〜4億枚に引き上げる必要があるとのことです。現在、世界には100のプレス工場があり、そのうち大量のレコードを生産できる工場はわずか10社しかないと考えられています。その大半は、レーベル自身が所有しているか、業界の大手企業と特定のつながりがあるか、小規模な注文を受けられないかのいずれかです。

しかし、大規模な工場では大量の注文に対応できないため、小規模な工場でも大手レーベルからの注文を受けなければならず、他のレーベルは順番待ちの状態になっています。

「私は今年のほとんどの時間を、より短い納期で対応してくれるところを探すために、多くの人にリサーチを依頼してきましたが、本当に小さな独立系メーカー以外には、基本的にどこにもありませんでした」とLizzie Ellisは言います。「そして、誰もが見つけた工場の詳細を秘密にしようとしています。

多くの人にとって、メジャーレーベルからの関心が高まっていることがプレス工場の遅れの主な原因だと考えられています。大規模な工場は大口の注文を優先すると考えられており、はみ出したものは、かつてはインディーズ系レーベルを優先していた小規模な工場が、大口の注文や大きな影響力に振り回されていると考えられます。

「業界全体が小さな枠を奪い合っているので、私のようなレーベルは淘汰されていくでしょう」とTomas Fraserは同意する。

プレス工場にとって、大量のレコードを作ることは経済的にも意味があります。大量に生産することで、製造工程が安くシンプルになる。2万枚以上のレコードをプレスすることが出来る「プレート」には、ラッカーや独自の金属加工が施されるが、レコード製造工程の中で最もコストと時間がかかる部分の一つになりがちである。

<I Love Acid>のCEOであるPosthumanは次のように語っています。「90年代初頭には、まったく無名のホワイトレーベルであっても、ほとんどのタイトルが数万枚のプレスを行っていました。今では、数百枚程度です。つまり、全体的なレコードの生産数は同じでも、タイトル数は非常に増えているのです。その結果、金属加工に対する需要が高まり、ラッカーの処理には平均3〜4ヶ月という長い待ち時間が発生しています。それはレコード1枚をプレスする以前の話です。」

しかし、メジャーレーベルがプレス工場を混雑させることは、今に始まったことではありません。実際、2010年代初頭にレコード人気が復活したときから、インディーズ系レーベルの大きな不満となっていましたし、2007年のレコードストアデイの発足時にも報告されていました。

「私がこのレーベルを運営しているときからそうだったのですが、メジャーはいつまでも再発を繰り返しています。私がこのレーベルを運営しているときからそうでした。確かに最近は3倍の時間がかかるようになりましたが、昔から不便だったんですよ」

大手レーベルも、業界の現状に危機感を抱いているようです。ABBAの「Voyage」が11月にリリースされることで、Ed Sheeran、Adele、Coldplayの楽曲のプレスが遅れていると言われており、クリスマスに物理的な商品を店頭に並べることができるかどうか疑問視されています。

購入者がレコードに求めるものも変化しており、2016年のICMの世論調査では、購入者の48%がレコードを再生しないことが明らかになっています。The British Phonographic Industry(BPI)は、「All About Music 2020」で、レコード所有者の5人に1人がレコードプレーヤーを所有していないことを明らかにしました。また、レコードを購入する人の多くが、事前にSpotifyで曲やEP、アルバムを聴いていることも同レポートに反映されています。

「今やレコードはコレクターズアイテムであり、消費したり再生したりするものではありません」とTomas Fraserはコメントしています。「確かにヴァイナルには需要がありますが、機能的な意味ではありません。需要は変化していて、人々はデジパックやフルカラースリーブを求めています。小さなレーベルでは、1度に2,000ドルもするようなものは作れません。今、私たちはただレコードをプレスしていますが、それはそれで意義があるし、本物のレーベルであることを感じさせてくれます。」

Posthumanも同じ意見です。「人々は、手に取ることができるアートワークや、聴きながら読むことができるスリーブノートを求めています。レコードを購入するファンは、音楽を手に入れる唯一の手段であった過去よりも、その物理的な形に興味を持っています。今は、カラーレコード、スプラッターやマーブリング、ピクチャーディスク、シェイプドレコードなど、ユニークな見た目のレコードが求められています。これらのレコードを作るためには、膨大な時間と労力が必要で、プレス工場の時間を奪っています。一部の工場では、現在の混雑状況が解消されるまで、カラーレコードは一切やらないと言っています。」

昨年のパンデミックの最初の数ヶ月間にPitchforkが行ったレポートによると、アメリカの多くの大規模な製造工場が最大で7週間の閉鎖を余儀なくされ、中には数百人のスタッフを解雇しなければならないところもあったとのことです。

英国の工場や、EUに拠点を置くメーカーからレコードを輸入しているレーベルにとって、12月31日の英国のEU離脱は、出荷までの待ち時間の増加、製品の税関での保留、新たなVAT関税の導入など、すでに深刻な状況をさらに悪化させました。つまり、レコードがレーベルに届くまでに時間がかかり、レーベルの所有者と工場との間のコミュニケーションが遅れ、さらにヨーロッパのバイヤーに製品を販売するための出荷コストが上昇しているのです。英国にはプレス工場がありますが、レコードをプレスする過程では、必ずEU経由で輸入しなければならない資源や材料があります。

Tom Leaは、「現在、すべてのものが税関で留め置かれています」と言います。「これが悪夢のようになってしまった大きな理由は輸送コストと、レコードを人々に送るための遅延の問題です。アメリカにレコードを送るには、現在最低10ポンドかかります。これはお客様にとって大きな負担であり、小規模なレーベルやレコード購入者にとって、どれだけ持続可能なのかわかりません」と述べています。

「私の直感では、レコードのプレスの遅れは常に存在するもので、それを回避することは可能です。しかし、輸送コストが上がり続ければ問題になるでしょう。」

レコード製造の各段階で材料が不足しているため、プレス工場では、販売店にプレスにかかる時間を正確に見積もることができません。

レコードはポリ塩化ビニール(PVC)で作られていますが、この素材は主に米国テキサス州で生産されており、2020年と2021年に季節外れの寒波が来たため、世界的にPVCが不足しています。

さらに悲惨だったのは、2020年2月の「Apollo Masters」の火災で、ここはヴァイナルをプレスするアセテート盤を作るためのラッカーを世界の供給量の70〜85%生産していた工場でした。工場は火事で全焼し、ラッカーディスクの生産は、世界で唯一のラッカー生産工場である日本の小さなメーカー「パブリックレコード(MDC)」に委ねられることになりました。

プレス工場やレコードメーカーは、銅などの代替金属を使ってレコードを生産する方法を模索していますが、結果は不完全で、そもそも盤を生産するコストが高いことを考えると、プレスに不具合が生じた場合のリスクは高く、さらに深刻な遅延につながります。

イギリスの欧州連合離脱の影響で、レコードを製造するための材料を輸入したり、完成したレコードを輸出したりすることが困難になり、スタッフの不足や工場の閉鎖延長、原材料の不足など、完全に嵐が発生していますが、すぐには終わりそうにありません。

業界では解決策として、プレス能力を高め、新しい工場を開設し、新しい世代の製造者を育成することが必要だと考えています。レコードの人気は着実に高まっていますが、プレス能力は低下しています。専門家は、現在の需要を満たすためには、さらに2億枚のレコードを生産する能力が必要だと見積もっています。

ビジネスパートナーであるDaniel LoweとDavid Toddの二人は、2020年初頭にチャリティーコンピレーションを制作しようとした際に、プレス能力が著しく不足していることに気づき、この問題を何とかしようと決意し、ティーズサイドに新しいプレス工場「Press On Vinyl」を開設しました。

「去年の今頃、事態が悪化しているのを目の当たりにしました」と、最終準備の喧騒から離れ、工場の外にある車の中でDavid Toddが話してくれました。私たちは、多くのレーベルオーナーと同じように、待ち時間に完全に不満を持っていました。そこで、本格的に地元に工場を作ることにしたのです。」

「Press On Vinyl」では、誰もが列を飛ばすことなく、レーベルの大小、規模の大小にかかわらず、まったく同じ扱いを受けることができると、Todd氏は断言しています。「300枚でも3000枚でも、誰もが同じようにアクセスできるようにしたいのです。私たちは、100枚からのショートランを行います。」

「草の根のアーティストや新進のレーベルも、他のアーティストと同様に業界にとって重要な存在です。キャパシティの問題を解消することは、大きな意味を持ち、大きな変化をもたらすものであり、私たちはそれをすぐに実行することができます。英国では工場の増設が急がれていますが、これはコストの問題だけでなく、小規模なレーベルを存続させるための問題でもあり、環境の問題でもあります。大量のかさばるレコードを輸送するのは負担が大きいのです。」

多くのアーティストやレーベルがレコードから離れる理由は、レコードが環境に悪影響を与えるという現実的で緊急性の高い懸念にもあります。プラスチックの使用、工場からの排出物、原材料やレコードの輸送など、レコードの製造工程のほぼすべての段階で、環境に悪影響を及ぼしています。2020年にThe Guardianが発表したレポートによると、米国のプレス工場の多くが、”歴史的な環境破壊 “を行っているタイのプラスチックや石油化学製品メーカーからPVCを輸送するようになったことが明らかになりました。PVCには発がん性があることが知られており、有毒な排水や有害な大気汚染物質を生み出す原因となっています。

また、特定の素材の生産者がいないため、世界中に散らばった工場に輸送し、さらに大量のレコードを輸送しなければなりません。レコード業界では、毎年6,000万キロ以上のプラスチックを使用していると言われており、これは1億4,000万キロの温室効果ガスに相当します。

環境に配慮した持続可能なビニールが検討されています。レコード会社<Needs-Not For Profit>の創設者であるBobby Connollyは、デンマークのプレス工場「Green Vinyl Records」と協力して、世界初の「100%リサイクル可能なビニール」を製造し、Saoirse、Reptant、Sansibar、Luxe、Pugilist、Hassan Abou Alamなどを収録したコンピレーションを企画しています。

彼らの製造プロセスは、PVCを加熱して成型するのではなく、レコードの溝に直接プラスチックを注入するインジェクション方式を採用しています。これにより、エネルギー消費量が65%削減され、製造中に有害な汚染物質が流出する可能性も低くなります。リサイクルPVCを使用しているだけでなく、<Needs-Not For Profit>は、この方法が物理的なレコードを製造するための持続可能な方法になると期待しています。

現在のレコード業界が完全に維持できなくなっているのは明らかです。購入者の関心が高いにもかかわらず、音楽業界のあらゆるレベルの人々が、機能的なリリースをレコードで出すことができなくなっているのです。レコードメーカーの「次世代」が見えず、素材が不足し、多くのレーベルがフィジカルリリースとしてのレコードを放棄せざるを得ない状況の中で、この業界は今後も存続するのだろうか?そして、それを維持しようとする試みは、必然的に衰退を長引かせるだけなのだろうか?

記事全文(英文)は以下からご覧ください。

Mixmag

The industry is at its strongest since the advent of the CD …

RONDOロータリーミキサーレンタル
1

ロータリーミキサーレンタル

「RONDO(ロンド)」はロータリーミキサー専門レンタル店です。DJの練習、ミックスの制作、クラブ、カフェ、バー、結婚式のイベントなど、様々な場面でご利用頂けます。全国どこからでもレンタル可能です。

フォローして最新情報をチェックしよう!