ディスコ・リミックスのパイオニアTom Moultonのインタビュー記事

  • 2021年2月19日
  • News

ディスコ・リミックスのパイオニアTom Moultonのインタビュー記事

今やハウスのレコードのスタンダードとなっている12インチ・シングルを発見し、ディスコ・リミキサーのパイオニアでもあるTom Moulton(トム・モウルトン)のインタビューが英紙ガーディアンに掲載されているので一部ご紹介します。

ディスコ全盛期には、Tom Moultonは「ドクター」と呼ばれていました。彼のエクステンデッド・ミックスは10年後のニューヨークのDJたちの間で話題となりました。

アッパーウエストサイドのアパートで彼は老後の話をしていることに憤慨しながらも、淡々としていて、半ば嘘をついているような気まぐれさで自分の歳月を振り返っています。「80歳で引退するのはわかっている。いや、俺がやめるってことは死んだってことだ。」

2匹の猫と一緒に暮らすTom Moultonは、たくさんのユーロディスコ・シングルがある自宅のスタジオからビデオ通話をしています。彼がそこに引っ越してきたのは1972年のことでした。その10年後には、ダンス・ミックスを作り、若き日のGrace Jones(グレース・ジョーンズ)を世界に紹介し、レコードのプレス工場で小さいアセテートが不足した時に偶然にも12インチ・シングルを発明することになるのでした。

彼は回顧的なコンピレーションを制作中ですが、その集大成的な枠組みについては府に落ちていないようで、「彼らは私の80歳の年に何かをしたいと思っていたんだ」と彼は眉をひそめ、「ああ、なんて素敵なんだろう。」僕は言ったんだ。「いいか、僕らはいつでも90周年だってできるんだ・・・」ってね。

パンデミックが始まってから彼はBandcampで5つの魅力的なミックスを発表している。コロナウイルスを避けながら彼のアパートで制作されたものだ。急速にリリースされたこれらの作品は、再発見された過去の作品であることを示唆していますが、奇跡的なことに、彼の許可されたマルチトラックテープから引き出された全ての作品が新しいものでした。

「私は120歳まで生きなければならない 」と彼は言います。

1940年にニューヨーク州北部で生まれたTom Moultonは学校を中退し、20代は音楽業界を転々としていました。しかし、ギャラの問題に幻滅して音楽業界を辞め、デンマークで休暇を過ごしていた際に、ミートボールで歯を折ったせいで12キロ痩せたことをきっかけにモデル業に転向しました。

1971年、同僚に紹介されたのがロングアイランドのパーティー天国、ファイヤーアイランドでした。Tom Moultonは、ほとんどがゲイで白人のダンサーたちがアル・グリーンに夢中になっているのを見て驚嘆しました。しかし、曲と曲の間の気まずいギャップとダンスフロアからの離脱に気づき、それをなくす計画を練りました。テープ・マシンを使い、アップテンポのソウルとR&Bを2週間かけて、連続したミックスに仕上げました。

この成功に刺激を受けたTom Moultonは、巨大なサウンドシステムとダンサーのために、音楽を最適化させる方法をさらに見つけました。ドラムやメロディのような要素がソロになってから、再び戻ってくるディスコ・ブレイクなどの革新的な試みは、”バンジー・ケーブルで崖からぶら下がる”かのようにデザインされていました。地面に落ちそうになってから跳ね返ってくるというようなものです。

1974年、Tom Moultonはビルボード誌のコラムでGloria Gaynorの「Never Can Say Goodbye」などのアンダーグラウンド・ヒットを支持し始めました。これにより、彼は彼女のデビュー・アルバムで19分のメドレーをミキシングするという役割を得ました。彼の話では、Gloria Gaynorは彼女があまり歌っていないことに不満を持っていたそうです。「それがどれほど私を苦しめたか、あなたには分からないでしょうね」とGloria Gaynorは苦笑しながら言います。

しかし、DJたちはこの曲を気に入り、Gloria Gaynorも今では「初期の作品に対する大きな反響があったのはTom Moultonのおかげだと考えている。」と言っています。「私はトムがディスコのオーディエンスにとてもマッチしていて、リミックスの天才だと思っていました。」

平日はフィラデルフィアのシグマ・サウンド・スタジオで、Gamble and Huff(ギャンブル・アンド・ハフ)の下で働いていた。彼はスタジオ・ギタリストのNorman Harris(ノーマン・ハリス)のレーベルと新たに契約したFirst Choice(ファースト・チョイス)の「Doctor Love」のミックスを担当しました。

編集室ではドラマーのアール・ヤングのうねるようなテンポに振り回され、イライラして腕を上げて言った「何てこった、これは俺を殺す気か!」と、その時に腕に衝撃が走り、前に倒れました。私はエンジニアに言いました。「これを終わらせて、ハーネマン病院まで送ってくれないか?」と、Tom Moultonは回転椅子の上でそのシーンを再現する。

「心臓発作だと救急外来の医師に言われました。来院まで2時間もかかったことを疑問視した医師は、自分の命よりも大切なものは何だったのかと尋ねられたので、First Choiceの新曲Doctor Loveです」と私は言ったんです。

ディスコでよくあるように、何か不適切なことがそのエピソードの引き金になったのではないかと尋ねると「ドラッグ?私が?」と彼は聖人のように両手を広げ言いました。 「スタジオでは、とにかくほとんどの人に私が別の惑星から来たと思われていた。俺はこう言うんだ。あのギターを聴け!彼が弾いている音が聞こえないのか?って。」

70年代後半のディスコブームは頭痛の種となりました。「反発が来るのはわかっていた」とTom Moultonは言います。人種差別や同性愛嫌悪もその一端を担っていましたが、サタデー・ナイト・フィーバーや青ざめたディスコが氾濫する中で、その原因は、「ラジオが台頭してきたクラブ・サーキットからパワーを取り戻したいと思っていた」ことにあると彼は考えていました。

Bee Gees(ビージーズ)や最近ではDua Lipa(デュア・リパ)のような白人アーティストが、ディスコの黒人やゲイの起源を消し去る危険性があるのかと問われると、Tom Moultonは身構えました。「僕がミックスしているものは99%は黒人だからね」と彼は想像の軽さに抗議するように言います。彼は自身のBandcampでのミックスで「アグレッシブで、意地悪で、ファンキーで、怠惰なもの」にスポットを当てる自由を強調していますが、以前のミックスの仕事の多くは「ハードなR&Bの側面を排除しようとしていた」と彼は認めています。

ディスコが燃え尽きた80年代は、Tom Moultonにとって厳しい時代の幕開けとなりました。友人のDJであるJimmy Stuardは風呂場の火事で死亡し、Tom Moultonのリスニングサロンの常連だったDavid Rodriguezはクラブ関係者でHIVに感染して最初に亡くなった人の1人だった。一方、ポリグラムに対する訴訟で、Tom Moultonの業界観はまたもや不信感に陥りました。訴訟に勝利した後、彼はビジネスを離れ、フロリダで越冬を始めました。

1992年に彼がカムバックしたとき、それは取り返しのつかないほどに変化したニューヨークのシーンがありました。多くのディスコ店はシャッターを閉じ、ロックになったりしていました。DJに関しては「彼らのほとんどは死んでいた」と彼は言います。(この頃、まだ未知なる病だったエイズやドラッグの過剰摂取で多くのDJが亡くなっています。)「説教臭くならないように気をつけていたよ。彼らは俺が麻薬に手を出していないことを知っていた。ほとんどのDJは子供だったし、僕はもうすぐ去るところだったしね」と語っています。

しかし数十年たった今も、Tom Moultonは最後の偉大なディスコの生存者の一人としてここにいます。彼の自宅スタジオは今では失われたミュージシャンたちのタイムカプセルとなっている。「フィリーのトラックで作業をしていると、彼らの演奏が聞こえてくるんだ。音楽が始まる前にNorman Harrisが話しているのが聞こえてくるんだ。彼らがここにいないことを考えるのは難しい。パンデミックの時には、”トム、家にいるのは気分が悪いだろう”と言われますが、そんなことはありません。世界はまだ私の窓の外で回っている。私はそれを見て言う。今日のメリーゴーランドはどれくらいの速さで回っているのだろうかと。」

記事全文(英文)は以下からご覧ください。

the Guardian

He invented the 12in single and introduced Grace Jones to th…

RONDOロータリーミキサーレンタル
1

ロータリーミキサーレンタル

「RONDO(ロンド)」はロータリーミキサー専門レンタル店です。DJの練習、ミックスの制作、クラブ、カフェ、バー、結婚式のイベントなど、様々な場面でご利用頂けます。

フォローして最新情報をチェックしよう!