CDJを改造しカセットテープをプレイ出来るようにした『TDJ ONE』

CDJを改造しカセットテープをプレイ出来るようにした『TDJ ONE』

シンセやリズムマシン、エフェクターなど音楽機材のDIY改造された話は、よく耳にしますが、CDJを改造し、カセットテープをプレイ出来るようにした話は初めて興味深いです。

特別な場所でのライブ・パフォーマンスを通してアーティストと地域のプロモーションを行うイタリアのライブ・ストリーム・メディア「Back2tape」。

そのBack2Tapeの設立者Dimitri T Jayが、「TDJ ONE」と呼ばれるCDJをモディファイしたカセットテーププレーヤーを使ってのDJミックスを公開しています。

CDJ-900のように見えるフレームを基盤に、テーププレーヤーを組み込むために中の部品を配置換えして、テープを制御するために元のCDJのコントロールの機能の一部を変更しているそうです。

ピッチ(再生速度)は、TDJ ONEの右上にある銀色のノブによって制御していて、テープ速度を調整してビートマッチングさせることが出来るようになっています。

動画を見る限りキューイングやピッチ調整が出来ていて、ちゃんとDJプレイが成立ています。時折スクリュードライバーをテープの真ん中に突っ込んで何かを調整している姿が印象的です。

Back2tape、カッサーノ・デッレ・ムルジェ - 「いいね!」17,872件 · 7人が話題にしています - Bac…

フォローして最新情報をチェックしよう!