Larry Levan(ラリー・レヴァン)

Larry Levan(ラリー・レヴァン)

Larry Levanは1954年ブルックリンで生まれました。10代の頃から親友のFrankie Knucklesと共に、ニューヨーク中のクラブに出入りし、クラバーの中では目立った存在でした。

David MancusoのThe LoftやNicky SianoのThe Gallaryではスタッフとして手伝いをしていた時期もあり、その頃にDJとしての選曲や技術を学びました。

ラリーとフランキー・ナックルズは共に、ゲイをカミングアウトしており、最初のDJとしてのキャリアは、1973年にNYの同性愛者向け複合施設Continental Baths(コンチネンタル・バス)にてスタートしました。

コンチネンタル・バスは24時間営業のディスコ付きサウナで、午後は比較的ヒマな時間帯があったため、照明係として雇われていたラリーは午後の時間帯をDJとして任せられることになりました。そのうち、ラリーはメインDJとして水曜から日曜日までプレイするようになると、フランキー・ナックルズも月曜と火曜日を担当するようになりました。

1974年、ラリーはコンチネンタル・バスをフランキー・ナックルズに任せ、サウンドエンジニアであるRichard Longが主催するSoHo Place(ソーホー・プレイス)というパーティーに引き抜かれることになりました。ラリーのDJに人気が高まるにつれ、盛り上がりを見せましたが、ソーホー・プレイスはリチャード・ロングの仕事場であるアパートメントで行われていたため、騒音問題が起こり1975年に閉鎖することになりました。

その後、SoHo Placeでのプレイを見ていたMichael Brody(マイケル・ブロディ)によってスカウトされ、Reade Street(リード・ストリート)でプレイしました。しかし、リード・ストリートはクラブとして思うように成長が出来ずに、1976年にクローズし、オーナーのマイケル・ブロディは次なる計画として、すぐにParadise Garage(パラダイス・ガレージ)をオープンしました。

DISCOブームが最高潮に達していた1977年、その後10年間、伝説のナイトクラブとして君臨することになるパラダイス・ガレージにラリーはレジデントDJとして就任しました。

パラダイス・ガレージは当時、映画『サタデー・ナイト・フィーバー』やセレブが集まるStudio 54(スタジオ・フィフティーフォー)などに象徴される白人文化とは一線を画していました。黒人やヒスパニッシュ系と言った正反対の客層がメインで、全身全霊でプレイするラリーの音楽に多くの人々が酔いしれ、まるで宗教儀式のようだと例えられました。

サウンドエンジニアのRichard Longと共に作り上げた”Levans”と呼ばれたサウンドシステムは、大音量のフロアの中心にいても客同士で容易に会話が出来るほどクリアだったと言われています。

パラダイス・ガレージの中に自身の部屋を作って生活し、ミラーボール磨きから照明・DJプレイまで細部にわたってLarryは運営に携わっていました。

クラブDJとして名を売り出すと同時に、リミキサーとしても活動を始め、「 Lace – Can’t Play Around」「Taana Gardner – Heartbeat 」「Gwen Guthrie – Ain’t Nothing Goin’ On But The Rent」「Instant Funk – I Got My Mind Made Up」など多くの作品のリミックスを作り出しました。

LACE – Can’t Play Around (Remix) (Larry Levan Mix)

また、Peech Boys名義でアーティストとしても活動し、「Don’t Make Me Wait」をヒットさせるなど、彼の音楽に対する姿勢は当時数多くのNY在住のDJたちに影響を与えました。

1987年9月にパラダイス・ガレージは惜しまれながら10年の歴史に幕を閉じました。晩年のラリーはドラッグ依存や病気に悩まされ、極貧状態のまま1992年に38歳の若さでこの世を去りました。

死後もLarry Levanの魂は聞く者の心の中に生き続けている、正にレジェンドという名がふさわしい唯一のアーティストです。

Larry Levanのおすすめ曲

Peech BoysDon’t make me wait

NYC Peech Boys – Stay With Me (Larry Levan Mix)

Class Action – Weekend (larry levan mix)

Inner Life ft Jocelyn Brown – Ain’t No Mountain High Enough

Taana Gardner – Heartbeat (Club Version)

Skyy – First Time Around (A Larry Levan Mix)

The Salsoul Orchestra – How High (Larry Levan 12″ Remix)

Larry LevanのDJ Mix

Larry Levan – Live At The Paradise Garage [1979]

関連記事

1970年代後半になると、映画「サタデーナイトフィーバー」の大ヒットによるディスコの大流行や、その反動によってロック専門局のラジオDJが巻き起こしたディスコ反対運動「Disco Sucksキャンペーン」など、良くも悪くもディスコサウンドが[…]

パラダイスガレージ
フォローして最新情報をチェックしよう!