Toy TonicsよりFelipe Gordonが『Wait On Me』EPをリリース

Toy TonicsよりFelipe Gordonが『Wait On Me』EPをリリース

コロンビアの首都ボゴタ出身のFelipe Gordonは、Lo-Fi House、Jazz House、Beatdownシーンで現在最もライジング・スターな存在で、ジャズサンプルや、ファンキーなベースライン、ピアノ、時にクラシックなシンセラインを駆使し、多数のトラックをリリースしています。

「Wait On Me」EPはToy Tonicsからリリースされた2作目のEPです。コロムビアのボーカルPaula Pedrazaをフィーチャーし、従来より多くのボーカルレコーディングを取り入れるようになり、Felipe Gordonにとって音楽的に一歩前進する作品となりました。

彼のバックグラウンドであるコロンビア(この国には素晴らしい音楽の伝統があります。)と、元インディー・ロック・ミュージシャン(彼は何年もバンドで演奏していた)という経歴が独特の雰囲気を作り上げています。

自身で楽器演奏したという4つのトラックは、多くのグルーヴを感じることが出来ます。 どれも素晴らしいですが、特に「The Semimodular Bird Of Jazz」は秀逸なトラックではないでしょうか。

MoodymannがこのEPを気に入ってプレイしたと話題になっています。

Felipe Gordonは近日中にHeist RecordingsとLocal Talkでのリリースも予定しているそうです。

トラックリスト

01. Wait On Me
02. El Meloncito
03. The Semimodular Bird Of Jazz
04. Definitely And Completely Mayor

Preview, download or stream Wait on Me EP by Felipe Gordon…

フォローして最新情報をチェックしよう!