Beastie Boys『Sabotage』の3インチミニレコードの発売決定

Beastie Boys『Sabotage』の3インチミニレコードの発売決定

伝説的ヒップホップグループ、Beastie Boysの4枚目のアルバム『Ill Communication』の発売25周年を記念して、ヒット曲の『Sabotage』が収録された3インチのヴァイナルレコードが発売されます。

3インチレコードは通常のヴァイナル版とは異なり、非常に小さなミニチュアレコード盤となっています。このサイズのレコードはいわゆる記念碑的な存在として発売されることが多く、専用のターンテーブルも発売されています。

3インチとはいえアルバムジャケットなどはオリジナルのまま据え置きで、ミニチュアサイズの名盤として保管しておく楽しみも味わえます。

毎年4月に開催されるRecordStore Dayとのコラボレーション企画として、このほかにも3インチのヴァイナルレコードがいくつもリリースされています。そもそもシステムは、元々日本でテレビのテーマソングを流すのに使われていた機材から、インスパイアを受けて作ったという噂もあるようです。

Beastie Boysは、メンバーの一人であるMCAが2012年に亡くなって以来、活動を休止していますが、現在も史上最高のヒップホップユニットのひとつとして多くの人に愛されています。

今回アナログレコード化された『Sabotage』はカルト的人気を誇る一曲で、これをきっかけに、ファーストアルバムである『Licensed to Ill』やセカンドアルバムの『Paul’s Boutique』など、Beastie Boysのレコードを再評価する良い機会となりそうです。

今回のSabotageのレコード盤は世界で限定2500枚の発売を予定しており、場合によっては売り切れ店が続出することも考えられます。

発売日は7月19日を予定しており、一部のレコードショップでの取り扱いを予定しています。また、3インチ用ターンテーブルも市場に出回っている量が少ないため、こちらも早めのゲットを急いだ方が良いでしょう。

3インチ用ターンテーブル取り扱い店舗リスト

フォローして最新情報をチェックしよう!