The VisionがDefectedよりデビューアルバム『The Vision』をリリース

  • 2020年10月28日
  • News

The VisionがDefectedよりデビューアルバム『The Vision』をリリース

サウスポート・ウィークエンダーでの偶然の出会いを経て、Ben Westbeech (Brownswood, Strictly Rhythm)とKon (BBE)のパートナーシップで生まれたThe Visionは、過去12ヶ月間で最も意味のあるダンス作品を数多く発表してきました。

クラシックとコンテンポラリーのバランスを取りながら、14曲のトラックにソウル、ディスコ、ハウス、ファンクがミックスされたデビューアルバム「The Vision」のリリースを発表しました。今作にはゲストとして、Roy Ayers、Honey Dijon、Andreya Triana、Dames Brown、Nikki-Oらが参加しています。

The Visionのジャンルを超えたマルチ・インストゥルメンタルで超モダンなサウンドは、Gilles Peterson、Gerd Janson、Annie Mac、Maryanne Hobbs、Joe Claussellなどの著名なアーティストからのサポートを受けており、長年のコラボレーターであるAndreya Trianaをフィーチャーしたシングル「Heaven」と「Mountain」は、曲作りから生楽器のレコーディング、そして細心の注意を払ったプロダクションまで、完全にオリジナルの音楽を生み出すという彼らのエートスを示しています。

全14曲で構成されているアルバムは、ディスコ調の「Down」や、ファンクな「Satisfy」のようなダンスフロアに優しいトラックから、ソウルを問う「Wasting」や「Believe」、心のこもった「Home」や「Missing」まで捨て曲はありません。

アルバムはDefected Recordsより、デジタルは2020年11月13日、LPは12月4日にリリースされます。LPは180g重量盤プレス、2枚組ゲートホールド・ジャケットに、ダウンロード・コードが付属しています。

フォローして最新情報をチェックしよう!