Stones ThrowよりSofieのデビューアルバム『Cult Survivor』がリリース

Stones ThrowよりSofieのデビューアルバム『Cult Survivor』がリリース

ミュージシャン兼アーティストのSofie(ソフィー)のデビューアルバム「Cult Survivor」が<Stones Throw>から2020年6月26日にリリースされます。先行シングルとして「Asleep」のMVが公開されました。

幼い頃からクラシック音楽に囲まれていたSofieは、4歳からバイオリンを習い始めました。10代の頃、ウィーン音楽院で学びましたが、早々にコースを外れ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンを行き来する生活になりました。

彼女は成長を続けるBoiler Roomチームの不可欠なメンバーとなり、NTSラジオのレジデントDJとなり、4年間Stones Throwで働き、Knxwledge、Mndsgn、Stimulator Jonesを含む何人かのアーティストをレーベルとの契約に結び付けました。

DJとしては、TeebsやDam-Funkなどのラインアップの中でプレーし、2016年にはMndsgnとのコラボレーション曲「Abeja」を含むコンピレーション「Sofie’s SOS Tape for Stones Throw」をキュレートしました。

その後、家族の重病のため、ソフィーはウィーンに戻り、音楽コミュニティから隔絶された彼女はそこで自分の歌を書き始めました。実験的ミュージシャンであるGary Wilsonの60年のポップス、Todd RundgrenとSerge Gainsbourgの作品からインスピレーションを受け、「Cult Survivor」 のレコーディングを始めました。

「ウィーンでは突如として音楽の世界に囲まれることがなくなったため、自分の創造性の道を切り開いたのです。」と彼女は言います。

<Stones Throw>のレーベルオーナーPeanut Butter Wolfと連絡を取り合ったソフィーは、デモを送り始め、最終的にはレコードを完成させ、それを<Stones Throw>からリリースすることになりました。

ドリームフィールドポップミュージックと呼べる音は、懐かしいようで新しい確かなメロディーセンスが光り、ファーストアルバムにしか存在しない純粋な力が秘められています。それでいて、ビートはしっかりとHipHopグルーヴを生み出していて、<Stones Throw>からリリースされる意味があります。

Sofieのデビューアルバム 「Cult Survivor」は6月26日に発売されます。LPに関しては、Stones Throwのストアで発売日よりも前の5月5日に出荷されるそうです。

トラックリスト

1. Hollywood Walk Of Fame
2. 99 Glimpses
3. Asleep
4. Try To Reach Me
5. Guest
6. Figueroa
7. Baby
8. Truth Of The Matter
9. Georgia Waves
10. High Time Now
11. Interlude
12. Happen 2 B There

フォローして最新情報をチェックしよう!