SinevibesよりKORG FXが発売。prologue、minilogue xd、NTS-1を拡張するユーザー・エフェクト

SinevibesよりKORG FXが発売。prologue、minilogue xd、NTS-1を拡張するユーザー・エフェクト

ユニークなプラグインを多数開発しているデベロッパー、SinevibesよりKORG FXとし11個のプラグインが発売されました。

これらのプラグインでは、KORGのシンセサイザー「prologue」「minilogue xd」、そして「NTS-1」のエフェクト機能を拡張することが出来ます。

現在、「prologue」「minilogue xd」「NTS-1」は、次世代のシンセサイザーとして注目を集めています。

音の良さは当然ながら、大きな特徴として、ユーザーがSDK(Software Development Kit)で作成したオシレーターやエフェクト・プログラムを本体へロードすることが可能で、デフォルトでは搭載されていない波形や機能を追加することが出来るようになっています。

これにより、サード・パーティが次々と新しいオシレーターやエフェクト・プログラムを開発し始めており、今回、Sinevibesが新たに開発した以下の11個のプラグインはユーザーにとって有益なものとなりそうです。

・Albedo – グラニュラー・クラウド・リバーブ
・Corrosion – マルチ・アルゴリズム・ディストーション
・DCM8 – サンプル・レイト & ビット・デプス・リデューサー
・Dipole – スルー・ゼロ・フランジャー
・Drift – フィジカルモデリング・ステレオパンナー
・Return – セルフ・ランダマイズ・オーディオ・リピーター
・SVF – 4ポール・ステートバリアブル・フィルター
・Time – ウルトラワイドレンジ・ディレイ/ルーパー
・Ring – リング・モジュレーター
・Shift – フリークエンシー・シフター
・Whirl – バーバー・ポール・フェイザー

・Albedo – グラニュラー・クラウド・リバーブ

・Corrosion – マルチ・アルゴリズム・ディストーション

・DCM8 – サンプル・レイト & ビット・デプス・リデューサー

Dipole – スルー・ゼロ・フランジャー

Drift – フィジカルモデリング・ステレオパンナー

・Return – セルフ・ランダマイズ・オーディオ・リピーター

SVF – 4ポール・ステートバリアブル・フィルター

Time – ウルトラワイドレンジ・ディレイ/ルーパー

・Ring – リング・モジュレーター

・Shift – フリークエンシー・シフター

・Whirl – バーバー・ポール・フェイザー

プラグインは個別で19ドル、または7つ全てが含まれた「Korg FX」バンドルが129ドルで購入出来ます。

Sinevibesでは、エフェクト・プログラム以外に3つのユーザー・オシレーター「Bent」「Tube」「Turbo」も開発しており、「Korg OSC」バンドルとして69ドルで発売されています。なお、エフェクトとオシレーター全部が含まれた「Korg Collection」なら179ドルで購入出来ます。

https://www.sinevibes.com/

フォローして最新情報をチェックしよう!