Roger Sanchez(ロジャー・サンチェス)

Roger Sanchez(ロジャー・サンチェス)

Roger Sanchezは、ドミニカ共和国出身の両親を持つ、ニューヨーク出身のハウスミュージックのDJ、プロデューサーで、多数のリミックスも手がけています。

1967年生まれのロジャーは、ニューヨーク・マンハッタンにあるはいThe High School of Art and Design(スクール・オブ・アート・アンド・デザイン)を卒業後、Pratt Institute(プラット・インスティテュート)建築科に入学しました。

しかし、ロジャーの父親の「少し違うことをして気分転換してみては」というアドバイスからニューヨークのナイトクラブでDJを始めました。そしてロジャーは自分の才能を感じ、DJをしていることに幸せを感じ、建築の道ではなく本格的に音楽の道を歩み始めました。

はじめはNYのクラブでのみプレイしていましたが、1990年にNYのダンス・ミュージックレーベルStrictly Rhythmからリリースした「Luv Dancin’」が世界中のダンスフロアを席捲し、次第に世界中からオファーがかかるようになりました。

The Underground Solution – Luv Dancin’ (feat. Jasmine) (In Deep Mix)

特にパーティー文化の中心地であるスペインのイビサ島で大成功を収めました。2000年からは夏はイビサ島で過ごし、Pacha、Space、Amnesiaなどのビッグクラブでレジデントを務めました。

リミックスの才能も花開き、2001年にTOTOの「I Won’t Hold You Back」をリミックスした「Another Chance」がヒットし、世界的に知られるようになり不動の地位を築き上げました。2003年にはNo Doubt(ノー・ダウト)が歌う「Hella Good」でグラミー賞のBest Remixed Recording部門で受賞します。

また、Roger Sanchezは「Roger S.」「The Nu-Solution」「The Underground Solution」など別名義での制作も多数行なってきました。近年では「S-Man」名義での制作に力を入れています。

Roger Sanchez名義の制作はラテンのリズムを取り入れながら、よりソウルフルなアプローチを取っていて、どちらかといえばメジャー指向ですが、S-Man名義では実験的で、よりアンダーグラウンドな面を表現しています。

さらに「S-Man」のアイデアを発展させ、Roger Sanchez、Junior Sanchez 、DJ Sneakで結成した「S-Men」名義での活動も行なっています。

自身のレーベルとしては、2002年に「Stealth Records」、2014年に「UNDR THE RADR」を立ち上げ、自身の曲をはじめLaidback LukeやProk & Fitch、Tim Berg、Jesse Garcia、Muzzaikといったアーティストたちの楽曲もリリースしてきました。

ロジャーは世界中に1,500万人のリスナーを持つラジオ番組「Release Yourself」を地上波とオンラインで持っていて、ラジオだけではなく、ポッドキャストとしても各州ごとに配信しています。2007年に、IDMA(International Dance Music Awards)でポッドキャスト部門で受賞しました。

Roger Sanchezのおすすめ曲

Logic – Blues For You (Vocal Mix #1)

Roger S – Get Hi (The Original Mix)

Roger Sanchez – I Never Knew (Roger’s Club Mix)

S-Man & Sabb – Hot (Original Mix)

Huxley feat. S-Man – Callin

Roger Sanchez, Park & Sons – This Feeling ft. Julie McKnight (Original Mix)

The S-Men – Evolution

Roger SanchezのDJ Mix

Roger Sanchez – Beats for Love 2018 [BassPortal.com]

フォローして最新情報をチェックしよう!