Robert Henkeが40年前のパソコン『CBM 8032』を使いパフォーマンス

Robert Henkeが40年前のパソコン『CBM 8032』を使いパフォーマンス

Ableton Liveの開発者の一人として、またはエレクトロニック・アーティストMonolakeとしても知られるRobert Henkeが、今週ベルリンで行われたCTMフェスティバルで、CBM8032 AVプロジェクトを披露しました。

CBM8032 AVプロジェクトは、1980年代初期のコンピュータ「Commodore CBM 8032」を5台使用して、シンプルなグラフィックスとサウンドの美しさを探求しています。

この作品は現代の美学と、40年前の時代遅れの限定された技術の使用によるアンビバレンスな作品です。

ステージ上には、復元された5台のCBM 8032コンピューターがあり、Robert Henkeのチームにより開発されたカスタムソフトウェアが実行されています。3台のコンピューターがサウンドを作成し、1台のコンピューターがグラフィックスを担当、もう1台が他のコンピューターを制御しています。

「これらのシステムのコーディングソフトウェアは現代の仕事のやり方とは根本的に異なっています。」とRobert Henkeは説明します。

「これらのシステムのコーディングには固有の制限があるため、興味深い課題があります。それは設計によるミニマリズムです。これらのコンピュータではリアルタイムで多くのことを実行できないため、すべてを高度に構造化し、削減する必要があります。 」

1950年代に芸術家がコンピュータを媒体として探求し始めたとき、技術は限られており、その結果、表現におけるミニマリズムは必要不可欠なものでした。

緑のブラウン管ディスプレイを見ることは、当時を知る人にはノスタルジックであり、知らない世代には奇妙な新鮮さがあります。

以下は1月23日に別の会場で行われたもの。こちらはビート感があり、また違った印象のパフォーマンスを見せています。

フォローして最新情報をチェックしよう!