Paul Johnson(ポール・ジョンソン)

Paul Johnson(ポール・ジョンソン)

Paul Johnsonは、1971年ハウスミュージック発祥の地であるシカゴの南部で生まれました。

1984年に13歳でDJを始め、1987年16歳で音楽プロデューサーを始め、長い音楽キャリアの中で伝説的な存在になっている人物です。

もともとブレイクダンサーだったPaulをDJに転向させたのは、シカゴのラジオ局WBMXでやっていたHot Mix 5のラジオショーの影響でした。中でも番組に出演していたSteve “Silk” Hurleyには大いに影響を受けたそうです。

創造性豊かなクリエイターで、口笛やテレビゲームなどのサウンドサンプリングからオールドスクールスタイルまで幅広い作品を作っています。

1990年にDance Mania Recordsから 「Overload」をリリースして、1994年に初めてのアルバム「Bump Talkin」を発表しました。

その後、1999年にアルバム「The Groove I Have」からシングルカットされた「Get Get Down」がビルボードホットダンス/クラブプレイチャートのトップになっただけではなく、世界的なヒットになり350万枚以上売り上げました。

アメリカ国外でも、ベルギー(ワロン地域)、フランス、オランダ、イギリスでもチャートのトップ10以内に輝いたのです。そしてパーティーのメッカであるイビサ島でも日々「Get Get Down」は聴こえない日がないくらいでした。

リミックスなど含め、世界中で100以上のバージョンがリリースされていて、今もどこかで「Get Get Down」が聴かれます。

Paul Johnson – Get Get Down

ポール・ジョンソンは1987年に発泡事故によって片足を切断し、そして2003年には交通事故によってもう片方の足も失ってしまい、車椅子生活を続けています。

それでもなお、ポール・ジョンソンは、ハウスミュージックへの情熱を失わず、DJとしてまたハウスミュージシャンとして世界を飛び回っています。

Paul Johnsonのおすすめ曲

Paul Johnson – Give me ecstacy

Paul Johnson – Tak A Lickin

Paul Johnson – Music’s In Me

Paul Johnson – After The Storm

Paul Johnson – Let’s Sing

Paul Johnson – Better Than This

Paul JohnsonのDJ Mix

Paul Johnson Boiler Room Chicago DJ Set

フォローして最新情報をチェックしよう!