『Noise Machine』手のひらサイズのワイヤレスMIDIコントローラー

『Noise Machine』手のひらサイズのワイヤレスMIDIコントローラー

カナダの新興メーカーが、手のひらに収まる小さなMIDIコントローラーを発表しました。

「Noise Machine」は、手のひらに収まる小さなMIDIコントローラーです。12ノート、7オクターブ、MIDIエクスプレッションノブを備えていて、ワイヤレスで、iOS、Android、Windows、Macに接続が出来ます。

コントローラーの表面には12個のボタンがあり、それぞれが音階の異なるノートに対応しています。上部のスライダーを使用すると、7オクターブの範囲で演奏できます。また、プログラム可能なMIDIエクスプレッションノブもあります。

「Noise Machine」はBluetooth MIDIを使用してワイヤレスで動作し、レイテンシは7.5〜10ミリ秒と言われています。1つのデバイスで最大12の異なるチャネルを接続できます。開発者は、「友人とのジャム演奏に適している」と述べています。

ノートパソコンを持ち込んでワンオペでライブをしているシンガーや、ミュージシャン、DJのいないラッパーなんかが手元で曲出しや、エフェクトをオンにしたりといろんな活用方法が考えられそうです。

価格や発売時期についてはまだ明らかになっていませんが、「Noise Machine」の初回販売はクラウドファンディングで販売される予定となっていて、ウェブサイトでニュースレターの登録が出来るようになっています。

フォローして最新情報をチェックしよう!