Nick Holder(ニック・ホルダー)

Nick Holder(ニック・ホルダー)

Nick Holderは、1969年にトロントで生まれたアンダーグラウンドヒップホップ、ハウスミュージックのDJ兼プロデューサーです。彼はレーベル「DNH Records」と「Treehouse Records」を設立し、60を超える数のレコードをプロデュースしています。

Nick Holderは1983年にヒップホップDJとしてDJを始め、高校でパーティーを始めました。デトロイトのテクノシーン、特にDerrick MayやCarl CraigなどのDJの影響を受け、1991年頃に制作を始めました。

Studio!K7 Recordsでの2枚のアルバム、Jinxx Records、Poker Flat Recording、Stickman Records、Ministry of Sound、Peppermint Jam、Definitive Recordingsなどの録音作品は、ハウスサウンドからディスコループ、そしてミニマルなシカゴスタイルと広範囲のジャンルに及んでいます。

中でも1998年にリリースしたシングル「Da Sambafrique」は、彼のプロデューサーとしての地位を確立させ、世界中のDJがプレイするラテンのトラックとなりました。このレコードは、NRK Sound Divisionからリリースされ、Nick Holderの不動の評価の先駆けとなっています。

Nick Holder – Sambafrique (Original Mix)

そしてNick Holderの人気を決定的なものとしたのは、パット・メセニー・グループ「Slip Away」がソースとなった2001年の「Summer Daze」です。この時期は、多くのDJがラテンやブラジリアンテイストのトラックを自己のプレイリストに積極的に取り入れるムーブメントが流行していた時期で、このトラックはその時宜を得たものであったことから、まさにサマー・アンセムとして多大な評価を受けました。

Nick Holder – Summer Daze

このほか、ディープ・ハウスとしてのヒット曲「Feelin’ Sad」や「What I Feel」など幅広い作風を持つ彼ならではの素晴らしい作品もあります。

Nick Holderのおすすめ曲

Nick Holder – Jus Be Ya Self

Nick Holder Project – Get It Up

Nick Holder – Eddie’s Dance

Nick Holder – Feelin’ Sad

Nick Holder – Forever In A Daze (Main Mix)

Nick Holder – Black Thanks

Nick HolderのDJ Mix

Nick Holder Boiler Room x Budweiser Toronto DJ Set

フォローして最新情報をチェックしよう!