Floating PointsのレーベルからNatalie Sladeがデビューアルバム『Control』をリリース

Floating PointsのレーベルからNatalie Sladeがデビューアルバム『Control』をリリース

シドニーを拠点とするシンガーNatalie Sladeの デビューアルバム「Control」が、6月5日にFloating Pointsのレーベル<Eglo Records>からリリースされます。

Jazz、R&B、Soul、Broken Beat、DnBの要素がミックスされたアルバムは、Hiatus Kaiyoteのキーボード奏者Simon Mavinがプロデュース、共同執筆したもので、Hiatus Kaiyoteの他のメンバーの協力も得て、レコーディングされました。

Natalie Sladeの円熟味のあるボーカルに、生楽器とパーカッションが生み出すHiatus Kaiyoteのグルーヴィなサウンドと〈Eglo Records〉のエレクトロニックな要素が融合されたトラックは、耳心地が良すぎて、スッと通り抜けてしまいそうですが、非常にオーガニックで、先鋭的なネオ・ソウル・アルバムとなっています。

Natalie Sladeの「Control」は2020年6月5日にリリースされます。

Natalie Slade

10 track album…

トラックリスト

1. Cloud Cover
2. Humidity
3. Control
4. Gimme Ya Love 03:26
5. Love Light
6. Letter to Myself
7. I Won’t Cry
8. Colour
9. There Is Light in Everything
10. Sunday Morning

フォローして最新情報をチェックしよう!