Kerri Chandler(ケリー・チャンドラー)

Kerri Chandler(ケリー・チャンドラー)

Kerri Camar Chandlerは1969年9月28日に生まれ、ニュージャージーのジャズミュージシャンの家庭で育ったKerriは、父親のジョセフの影響を受け13歳でDJを始め、 80年代には当時ガラージやディープハウスの本拠地だった、ニュージャージーのClub Zanzibar(ザンジバル)でレジデントとしてプレイしました。

14歳の時にレコーディングスタジオでインターンとして働き始め、スタジオワークも同時に開始していたケリーは、91年に最初のシングル「SuperLover / Get It Off」をAtlantic Recordsからリリースしました。

「Atmosphere」「Stratosphere」「Hemisphere」「Trionisphere」といった一連のコンセプト作品や、「Bar-A-Thym」「Back To The Raw」などのヒット作を含め、100曲以上のリリースをしています。

Kerri Chandler – Track 1 – Atmosphere E.P

その中には、Joe Claussell、Dennis Ferrer、Roy Ayersなど、名だたるアーティストと共演も含まれ、プロデューサーとしての地位を確実なものにしました。

Kerri Chandlerが設立したレーベルとして「Madhouse Records」と「MadTech Records」「Kaoz Theory」があり、多数のリリースを行なっています。

楽曲制作の前に毎回祈りをささげるというKerri Chandlerの家には、ライブレコーディングルームとプログラミングルームの2つのスタジオが用意されています。

精神的世界観とは真逆にテクノロジーへの適応力が高いことでも知られていおり、自宅のスタジオだけでなく、サウンドマシーンも自身で作り上げてしまうそうです。

その姿勢はDJプレイにも表れていて、ただレコードをスピンするだけではなくキーボード、パーカッション、ギター、ヴァイオリン、ホーン、プロジェクター、レーザーと言った沢山の要素を連動させた「ライブ」感あふれるプレイには定評があります。

また、近年ではDJや音楽制作のみならず、ロンドンのMinistry of SoundでDolby Atmosを使ったサラウンド音響のパフォーマンスを披露したり、オーディオメーカーであるNative InstrumentsやRolandと協力して、既存のアイテムの改良や新しいものを考え出したりと、多彩な活動を行なっています。

Kerri Chandlerのおすすめ曲

Kerri Chandler – Insomnia Again

Kerri Chandler – Moving In

Kerri Chandler – Rain

Kerri “Kaoz” Chandler – Get Up

Kerri Chandler – Sunday Sunlight

Roy Ayers & Kerri Chandler – Good Vibrations (Kerri’s Mad Mix)

Kerri Chandler – Useless

Kerri Chandler – The Invaders (The Panic)

Kerri Chandler – Checkmate

Kerri ChandlerのDJ Mix

Kerri Chandler Boiler Room London DJ Set

フォローして最新情報をチェックしよう!