Kenny Dope(ケニー・ドープ)

Kenny Dope(ケニー・ドープ)

Kenny Dopeは、「Kenny “Dope” Gonzalez」または 「K-Dope」として知られるアメリカ合衆国のハウスDJ、音楽プロデューサーです。

Kenny Dopeは、1970年にアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンに生まれました。1985年にブルックリンのエリアに住む人たちのためにパーティーを企画し、ヒップホップDJとしてのキャリアを始めました。同時に、地元のレコードショップのバイヤーとして働くことでたくさんのサウンドを聞くことができました。

その影響もあり、Kenny Dopeはレコードのコレクターでもあり、今までに50,000枚以上のレコードを集めたということです。さらに自身の曲を作っていこうとインディペンデント・レーベル「Dope Wax」を創立し、ソロアーティストとして活動を始めます。

輝かしいキャリアのひとつは、1990年にラテンミュージックの影響をもつLouie Vega(ルイ・ベガ)と組んでMasters At Workとして活動を始めたことです。そして、25年間で4回もグラミー賞にノミネートされるような大型アーティストになっていくのです。

映画「マンボ・キングス/わが心のマリア(原題:The Mambo Kings)」でも演奏された「Ran Kan Kan」をリミックスした作品が大成功を納めました。Louie Vegaは、サルサ、ハウス、フリースタイル、Kenny Dopeがヒップホップやレゲエの影響を受けていたため、ふたりは90年代で最高に革新的なプロデュースチームといわれました。

そのため、マイケル・ジャクソンやインコグニート、ビョークなどのビッグアーティストたちに引っ張りだこでした。1993年に、Kenny DopeとLouie Vegaは「Nuyorican Soul」というアルバムを発表します。

これは、彼らの起源であるプエルトリコ、現地点のニューヨークそしてソウルミュージックにちなんで名付けられました。この成功でふたりはアメリカの音楽史に名前を残すほどになりました。

ソロ活動も平行して行なっており、世界でも3本の指に入るレコードコレクターであるKeb Dargeと共同設立した「Kaydee Records」や、自身のレーベル「Dope Wax」などから数々の秀逸な楽曲を世に送り出している。

Kenny Dopeのおすすめ曲

Kenny Dope – The Magnificent

Kenny Dope – Feels so good (Darryl James Theme)

Kenny Dope – Boomin In Ya Jeep

Kenny Dope – Comin’ Inside

Todd Terry All Stars – Get Down (Kenny Dope Original)

Purple Disco Machine & Boris Dluglosch Feat Karen Harding – Love For Days (Kenny Dope Remix)

Kenny DopeのDJ Mix

Kenny Dope Gonzalez Boiler Room London DJ Set

フォローして最新情報をチェックしよう!