Joe Claussell(ジョー・クラウゼル)

Joe Claussell(ジョー・クラウゼル)

Joaquin “Joe”Claussellを語る際、DJという言葉だけでは簡単に片づけられません。稀有で類いまれなる才能を持つアーティストであり、ミュージシャンである彼の世界観はハウスミュージックの枠だけに収まるものではありません。

独特の表現力を持つDJスタイルは、多彩なテンポ・エフェクト・イコライジングから醸し出され、「スピリチュアル・ダンス・ミュージック」と呼ぶに相応しい音の世界を作り出します。

Joe ClaussellはプエルトリコからNYに移住してきた母親と、ニューヨーカーの父との間に生まれました。幼少期からバイナルコレクターであった母や、現在もティンバレス奏者である兄に影響を受け、様々なジャンル・アーティストの音楽を耳にしました。当時の体験が彼のキャリアにおいて、現在も引き継がれる音楽へのスピリットの礎となったことは言うまでもありません。

15才からクラブ通いとレコード集めを始めたJoeは、90年代初頭にレコードショップ「Dance Tracks」と運命的な出会いをします。客として足を運び、自然な流れで「Dance Tracks」で働き始めたJoeは、「Instant House 」名義で「Awade」「Over」などの作品をリリースし、アーティストとしてのキャリアをスタートさせ、徐々にシーンで注目を集めていきました。

Instant House – Awade (Joe’s Jungle Sounds Dub)

その後、Joe Claussellは前オーナーから経営を引き継ぎ「Dance Tracks」のオーナーとなりました。

96年には自身の理想を追求したレーベル「Spiritual Life Music」を設立し、さらに同年、彼のキャリアを語るうえで欠くことのできない伝説のパーティー「Body & Soul」をFrancois K、Danny Krivitと共にスタートさせました。

ハウス、テクノ、ジャズ、ラテン、アフロ、様々なジャンルを融合し、独自の世界観と信念でフロアに魂の伝達を試みる彼のスタイルは、聞く人の心揺さぶり、世界中の多くの熱狂的なフォロワーに支持されています。

現在もレーベル「Sacred Rhythm」・同名のコンセプトショップの運営を務める傍ら、「音の伝道師」として日々精力的にDJを行っています。

Joe Claussellのおすすめ曲

Joe Claussell – Agora E Seu Tempo (The Sacred Rhythm Vocal Version)

Cosmic Ritual – Come Inside (The Loft)(Alternate Piano Version)

Joe Claussell – Je Ka Jo (Crazy Vocal Mix)

Joe Claussell – Git Wa

Seal – Latest Craze (Joe Claussell mix)

Joaquin Joe Claussell – With More Love (The Unreleased Cosmic Arts Piano Version)

Mental Remedy – The Sun . The Moon . Our Souls (Sacred Rhythm Version)

Joe ClaussellのDJ Mix

Joe Claussell Boiler Room Paris X Weather Festival DJ Set

フォローして最新情報をチェックしよう!