フランキー・ナックルズのレコードコレクション・ギャラリーが開催

  • 2021年7月11日
  • News

フランキー・ナックルズのレコードコレクション・ギャラリーが開催

フランキー・ナックルズの膨大なレコード・コレクションの中から「A Song For Frankie」と題した作品が、ニューヨークの<Gagosian Gallery>で開催されているグループ展「Social Works」の一環として展示されています。

ハウス界のパイオニアであるフランキー・ナックルズの未発表リミックス4曲が7月9日にリリースされるのを前に、<Gagosian Gallery>とシカゴのアーティストTheaster Gatesが共同で、フランキー・ナックルズの個人的なアーカイブからテストプレスやプロモを含む5,000枚のレコードを使ったインスタレーションを行いました。

展示されているレコードには、Danny Tenagliaの直筆のメモが入った1995年リリースの「Hard & Soul」のテストプレス、Celine Dionの「Misled (MK Dub)」、Baby Fordの「Oochy Koochy (F.U. Baby Yeh Yeh)」の初期のアセテート盤、初のナンバーワンダンスヒット「Whistle Song」のテストプレスなどがあります。

多くのレコードには青や赤のドットが描かれていますが、これは暗いクラブの中で彼がバッグの中から素早くレコードを選ぶためのものです。また、彼の友人や仲間からの手書きのメモが添えられており、DJと友人の間の緊密な関係を知ることができます。

フランキー・ナックルズは2014年に糖尿病の合併症のために亡くなりました。

フランキー・ナックルズのレコード・コレクションの管理人であるTheaster Gatesは、故人であるDJ兼ミュージシャンのレコードや、身の回りの品々のアーカイブに取り組んでいます。また、シカゴを拠点とするアーティスト、教育者、ミュージシャンであり、シカゴのRebuild FoundationのレコードマネージャーでもあるChantala Kommanivanhが、これらのレコードの重要性とユニークな性質を説明するための注釈を提供しています。

フランキー・ナックルズの親しい友人であり、シカゴの重鎮DJであるRon Trentがこれらの歴史的資料について語っていますので一部をご紹介します。

「フランキー・ナックルズの音楽の精神、そして彼がシカゴで行っていたことは、彼と出会う前から私は知っていました。1980年代の初め、私はまだ若く、レコードで自分の創造性を表現したいと思い始めていました。それまでの私は、育った環境から楽器を演奏することに興味がありました。1970年代の子供だったら、バンドを組む憧れがあったのです。

それで、地元のフォークロア的なエネルギー(笑)の中で、フランキー・ナックルズの名前が、この新しいスタイル、アンダーグラウンドなものを支えている人物として耳に入ってきたんです。フランキー・ナックルズの名前が私の耳に入ってくるようになったのは口コミで、商業的なレベルではありませんでした。それは1982年頃のことでした。

その後、1989年か1990年頃に、実際に彼に会う機会がありました。私はArmando Gallopのインディペンデント・レーベルから「Altered States」というレコードを出していて、これが私の最初のリリースでした。フランキーは私のレコードをかけていましたが、彼はDef Mixで、Dave Morales、Judy Weinsteinと仕事を始めていました。シカゴを離れ、世界的に大成功を収めていて、旅をしながら海外での活動を活発化させていました。彼は帰国後に同窓会パーティーを開き、<Warehouse>、<Powerplant>、<Gallery 21>などのシーンにいた人たちは皆「フランキーが戻ってきた」と喜んでいました。

シカゴでは、古い音楽をたくさん演奏するクラシックなフランキーに慣れていましたが、新しい聴衆には、彼が「ニューヨーク・アンダーグラウンド」と呼ばれる、ニューヨークで生まれた新しいもの、イタリアからの輸入レコード、ロンドンで生まれた新しいプロダクションを組み合わせた音楽を演奏することで知られていました。それは新しいサウンドでした。そして、私のレコードは彼の手に渡っていたので、彼がこのパーティーに戻ってきたとき、<AKAs>という場所で、私のレコードを何度もプレイしてくれました。

レゲエ・カルチャーで言うところのサウンド・システムは、インフォメーション・センターのようなものです。マイクでチャントしたり、いろいろなことを話したりして、サウンドが新しいアイデアを紹介してくれていました。私たちの文化では、DJはそれと同じように、人々に新しい音楽を教えたり、新しいものに目を向けさせたりしていました。フランキーは私のジャムを3回もロックしてくれたんですよ。私は「わぉ、すごい」と思いました。そこから相乗効果が生まれたという感じですね。それから何年も経って、私たちはお互いに会ったり、電話をかけたりして、いろいろなことを話すようになりました。フランキー・ナックルズは私の先輩であり、師匠でもあるので、私は弟のようなものです。しかし、私たちは同じ場所、同じビジョンを持っていました。

私は、私たちの仕事を非常に神秘的な観点から見ています。人々のために音楽を演奏し、彼らの精神を高揚させるという、まさに神聖なことをしているのです。もしあなたがそういうことをしたいのであれば、それはまた違った形の教会ではありますが、部族間のつながりに戻り、音が時代の流れをまとめ、精神を生み出し、そして皆を癒すということです。

今の時代は特に、人々は表面的な哲学で物事に対処していますよね。DJもそうですが、人は姿勢を正して立っていますからね。しかし、この文化の本質は、もっと古い方法論である「ストーリーテリング」にあります。アフリカの文化をはじめ、世界中の古代哲学では、ストーリーテリングの手法を用いてコミュニティを教育していましたよね。レコードは本のようなもので、誰かの物語を形あるものに封じ込めた小さな断片です。

1970年代、1980年代ではレコードは録音し編集されていました。ストーリーを語っていたのはレコードでした。フランキーの場合は違います。彼が夢中になっていた美しさを聴くことができた。ストリングスやピアノを多用していました。一方、ロン・ハーディーのように、私たちのシーンの革新者は、荒々しく、生々しく、ハードな要素を持っていました。ラディカルですね。一方、フランキーは洗練されたものが好きで、演出やセットにもそれが表れていました。

「The Whistle Song」では、ストリングスやフルートを多用したエターナルな作品に仕上がっています。ハッピーな感じです。感情的でもあります。フランキー・ナックルズの感情がコンピューターチップのようにすべて入っているのです。

いつも思い出すのは、1991年に<Sound Factory>で、彼がピークと呼べる状態にあったときです。プロダクションや音楽の面で、彼は次の段階に入っていました。たくさんの新しいことが起こっていましたが、彼はそのフィルターであり、道しるべでした。意識の別の領域に連れて行かれるような感覚でした。この表現が一番しっくりきますね。まるで、あなたを旅に連れて行こうとするシャーマンが、レコード、テープデッキ、MP3などのリソースを使って、あなたを音でこの世から連れ出してくれるような感じでした。フランキー・ナックルズを聴きに行ったときも、そんな感じでしたね。宇宙の彼方にいるようでしたよ。

フランキーの音楽、アート、スタイル、すべてが私に語りかけてきたのです。私はそれを受けて、自分のフィルターを通して、自分の技術を発展させることができました。彼が音や感情などに蒔いた種があるからこそ、私たちは、彼が業界に織り込んだ目に見えない精神的な糸を辿ることができたのだと思います。彼のアプローチ、精神、感情、そしてエネルギーはまだここにあります。科学的に知られているように、エネルギーは消滅するのではなく、形を変えるだけです。それは、まだ浮かんでいるんですよ。だからこそ、私たちは今日、この会話をしているのです。」

<Gagosian Gallery>のハイライトについては以下をご覧ください。(英語)

Gagosian Quarterly

Theaster Gates, steward of the Frankie Knuckles record colle…

RONDOロータリーミキサーレンタル
1

ロータリーミキサーレンタル

「RONDO(ロンド)」はロータリーミキサー専門レンタル店です。DJの練習、ミックスの制作、クラブ、カフェ、バー、結婚式のイベントなど、様々な場面でご利用頂けます。全国どこからでもレンタル可能です。

フォローして最新情報をチェックしよう!