ElektronがFMベースのグルーヴボックス『Model:Cycles』を発表

ElektronがFMベースのグルーヴボックス『Model:Cycles』を発表

Elektron(エレクトロン)の”Model”シリーズは、昨年発売された「Model:Samples」でデビューしました。これは、同社の「Digitakt」のエンジンをベースにしたサンプリング仕様のグルーブボックスでした。 

今回発表された「Model:Cycles」は、FMシンセシスをベースにした同社のデジタルシンセ「Digitone」を基に開発されたFMグルーブボックスです。

キック、スネア、メタル、パーカッション、トーン、コードの6種類のサウンドマシンを搭載しており、パーカッシブでメロディックなサウンドを演奏して、1台で簡単にトラックを完成できるように設計されています。

「Model:Cycles」の6つのパッドにはそれぞれ、6種類のマシンのいずれかがロードされています。これにより、特定の種類のサウンドの作成を、フロントパネルのコントロールで容易にします。 

6つのパッドの下には、1列に並んだ16個の小さなボタンがあり、キーボードのノートとして演奏したり、最大64ステップのシーケンスを設定するために使用したりできます。5つのマシンはモノフォニックですが、コードマシンはポリフォニックのため、このモードでは16個の小さなボタンが非常に役立ちます。

12のパラメーターノブでは、必要なときにパラメーターを完全にコントロールできます。劇的に変化させたり、瞬時にリコールすることも可能です。

発売は2月28日で、価格は44,900円(税込) が予定されており、同社の「Digitone」が10万円近くするのを考えると、はるかに低価格で購入することが出来そうです。

Elektron Distribution Group

Elektron Music Machines 日本正規輸入代理店のWebサイト。製品情報、公式Webショップ、サポート…

仕様

シンセボイス機能

  • FMベースのマシン×6
  • トラックごとに割り当て可能なLFO×1
  • 1×トラックごとに割り当て可能なモジュレーション×1
  • 最大60,000のプリセットを格納可能なストレージ

シーケンサー

  • オーディオトラック×6(これらはすべてMIDIトラックとしても使用できます)
  • 最大64ステップのシーケンサー
  • トラックごとにレングスおよびスケール設定可能
  • パラメータロック
  • マイクロタイミング
  • トリガー条件
  • 割り当て可能なリトリガー
  • ノートとパラメーターのリアルタイムまたはグリッドレコーディング
  • 最大プロジェクト数 × 96
  • 最大パターン数 × 96(1プロジェクトあたり)

センド&マスターエフェクト

  • ディレイおよびリバーブのセンド・エフェクト

ハードウェア

  • ベロシティセンシティブパッド×6
  • クラス準拠のUSBオーディオ2.0
  • 1/4インチ・ステレオヘッドフォンジャック×1
  • 1/4インチ・インピーダンスバランスオーディオ出力ジャック×2
  • ハイスピードUSB 2.0マイクロBポート×1
  • 3.5 mm デュアル極性 TRS MIDI イン / アウト/ スルー
  • 128×64ピクセルLCDスクリーン
  • 48 kHz 24-bit D/A コンバーター
  • 電源仕様:3.5 × 1.35mm センターボジティブ 5V DC, 1.0A
  • パワーハンドルBP-1を取り付けるためのスロット×2(バッテリーパックは後日リリース予定)

外形寸法

  • 幅270×奥行180×高さ39mm(ノブと足を含む)
  • 重量:約0.80 kg(1.8ポンド)
フォローして最新情報をチェックしよう!