DJ Sneak(DJ スニーク)

DJ Sneak(DJ スニーク)

ハウスミュージックシーンに革命をもたらしたシカゴの重鎮、DJ SneakことCarlos Sasaは1969年にプエルトリコで生まれました。幼少期をプエルトリコで過ごし、サルサ、メリンゲ、ラテンなどの音楽的なバックグラウンドを培い、1983年にシカゴへ移住しました。

移住後は、Farley “Jackmaster” Funk、 Ralphi Rosario、Steave “Silk” Hurleyなどのオールドスクールなプレイスタイルやミックス、また、地元ラジオ局のWBMXで流れるアンダーグラウンドなハウスに影響を受けました。

映画「Beat Street」やブレイクダンスが流行し、当時はヒップホップカルチャーの影響が強く、DJ Sneakはグラフィティライターとして活動していました。

“Sneak”という名は、グラフィティライター時代につけられたタグネームでした。

その後、16歳でDJとしてのキャリアをスタートさせ、地元でプレイしますが、DJが飽和していたシーンで差別化を図るため、プロダクションを中心とした活動を行い、レーベル「Defiant Records」を始動することとなりました。

Roland TR-909、Akai S950、Mackie 16チャンネルボード、そしてDATレコーダーが最初に手に入れた機材で、当時の制作はTodd Terryから大きな影響を受けていたそうです。

その後、シカゴの有名レコード店「Gramophone Records」で働いていた時に、「Cajual」と「Relief Records」のレーベルオーナーCajmereと出会い、1994年に「Blue Funk」「Moon Doggy」「Funkadelikrelic」などのEPをリリースしました。これにより、DJ Sneakはシカゴハウスの第二世代の一人として世界中に名前が知れるようになりました。

DJ Sneakは95年ごろから、ディスコサウンドサンプリングし、フィルター操作によって、ファンキーかつジャッキンなサウンドに仕上げる”フィルターハウス”と呼ばれるサウンドを量産しました。フィルターハウスはハウスミュージックシーンに革命をもたらし、Daft Punk、Basement Jaxx、Armand Van Heldenなどの後続のトップアーティストに大きな影響を与えました。

特に、1996年にDerrick Carter & Luke Solomonが主宰する人気ハウスレーベル「Classic」からリリースした「You Can’t Hide From Your Bud」はフィルターハウスの傑作となりました。

DJ Sneak – You Can’t Hide From Your Bud

2001年、DJ Sneakは新しいレーベル「Magnetic Recordings」を立ち上げ、新しい音楽、コンピレーション、才能ある新たなアーティストを紹介し、シカゴハウスミュージックのサウンドを広めています。

DJ Sneakのおすすめ曲

DJ Sneak and Demuir – Untouchable Funk

DJ Sneak – About Principle

DJ Sneak – In da Clouds (Da Original Dub)

DJ Sneak Feat. Bear Who – Fix My Sink

Dj Sneak – Smokey Hill Street (Smokey Mix)

Dj Sneak – All Over Your Face 2008.

DJ SneakのDJ Mix

DJ SNEAK house set in The Lab LA

フォローして最新情報をチェックしよう!