DJの66%が一度は燃え尽きた経験があるという調査結果

目次

DJの66%が一度は燃え尽きた経験があるという調査結果

Pirate Studiosが1,500人のDJを対象に行った新しい調査によると、66%のアーティストが少なくとも一度はバーンアウト(燃え尽き症候群)に陥ったことがあるとわかりました。

Mental Health UKの定義によると、バーンアウト(燃え尽き症候群)とは、「長期的なストレスを経験したときに起こる、身体的および感情的な疲労状態」であると指摘しています。バーンアウトの感覚を説明してもらうと、ヒステリックになったり、打ちのめされたりする状態に例える人もいれば、短気になったり、インポスター症候群になったりするという人もいました。

バーンアウトの主な理由としては、経済的なプレッシャーが挙げられており、回答者の85%が、芸術分野で「成功」しようとしながら、他の分野でフルタイムまたはパートタイムで働いていると答えています。アンケートに答えてくれたある人は、フルタイムの仕事をしながら、1年間に62回のショーを行ったと言い、また、別の回答者は、「物事をうまく進めるためには、約8つのバンドに参加しなければならず、論理的に管理するのは悪夢のようだった」と述べています。

その他の調査では、72%のアーティストが、自分の収入よりもクリエイティブな活動に費やすお金の方が多いと答えています。

SHERELLEと共にHooversoundレーベルを運営し、DJとしても活躍するNAINAは、Pirate Studiosの取材に対し、最近のバーンアウトの経験について次のように語っています。

「自営業をしていると、たくさんのプロジェクトに埋もれてしまって、休みを取ることを忘れてしまうことがあります。考え方がおかしくなっていました。バーンアウトを一度経験しておかないと、二度と同じことを繰り返さないようにすることはできません。自分の限界を知り、休みを取ることがいかに重要かを認識するのです。」

バーンアウトを防ぐには、絵を描いたり、運動したり、ぐっすり眠ったりするなど、さまざまなセルフケアの方法があるといいます。

心身の健康があってこそのDJ活動なので、燃え尽きる前に自分なりの休息方法を見つけて、うまく対処することが重要と言えそうです。

Pirateの調査についての詳細は以下をご覧ください。(英文)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる