Marc CotterellとDanny J Lewisがガラージの名曲『BLUES FOR YOU』をリメイク

目次

Marc CotterellとDanny J Lewisがガラージの名曲『BLUES FOR YOU』をリメイク

90年代のニューヨークにおけるハウスの名曲を数々打ち出してきたハウスミュージックユニットLOGIC。Wayne GardinerやRoger Sanchezが参加していたユニットということで有名ですが、そのLOGICの作品の中でも傑作と名高い「Blues For You」がリメイクされました。

今回、新たに2019年版としてリメイクを担当したのはDanny J LewisとMarc Cotterellです。Marc Cotterell自身のレーベルで、ニューメキシコ州アルバカーキを拠点とする”Plastik People Recordings”からリリースされます。

UK発祥のガラージハウス勃興の時代に誕生した「Blues For You」。ニューヨークハウスが徐々に衰退していく中での発表だったこともあり、UKガラージの名曲として捉えられることもあります。

Logic – Blues For You (original)

今回のリミックスでは、ニードルドロップやシャッフルの効いたパーカッションが目立つDanny J Lewisのヴァージョンと、現代のガラージハウスとのハイブリッドで、リスナーに息つく暇を与えるようなストリングスとボーカルが特徴的なMarc Cotterellの二本立てとなっています。

これらのリメイク作品はヴァイナルのリリースを予定しており、Juno Recordsでは9月16日に発売予定となっています。

日本のレコードショップでも同じ頃に発売されると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる