Behringer 『RD-9』ドラムマシンがリリース間近

Behringer 『RD-9』ドラムマシンがリリース間近

Behringer(ベリンガー)は本日、ながらく開発が遅れていたRoland TR-909をベースにした新しいドラムマシン「RD-9」のアップデートを発表し、新しいビデオを公開しました。

当初、名付けられていた「RD-09」から「RD-9」に正式名称が変更されています。

2017年に初めて公開された「RD-9」ですが、ベリンガーは以前、RD-8とファームウェアコードの多くを共有しているため、RD-8のMIDI問題が解決されるまで「RD-9」のリリースを延期すると述べていました。


90年代の多くのダンストラックを生み出した909のキック、スネア、クラップ、ハットなどの音色は、多くの人にとって非常に馴染み深く、待ちわびていたダンスミュージック・クリエイターも多いのではないでしょうか?


「RD-9」では、オリジナルのTR-909をベースに、トーンコントロールとUSB MIDI接続機能が追加されています。そして、Hi-Hatのチューニングだけでなく、Bass Drum PitchやPitch Depthも追加され、RD-8に搭載されていたコンプレッサー・トランジェント・シェイパーであるWave Designerも搭載しています。

以下はベリンガー社のコメントです。

「RD-9は象徴的なクラシックドラムマシンを新たに取り入れたもので、慎重に設計・開発された独自のカスタムメイドのアナログ・コンポーネントを搭載し、本物のサウンドを実現しています。また、現代のミュージシャンやプロデューサーを念頭に置いた新しいパフォーマンス機能、コントロール、接続性を導入しています。

可能な限りオリジナル・サウンドを忠実に再現したい方のために、RD-9はエンハンスメント・モードとオーセンティック・モードの両方を搭載しており、新たに導入された機能をバイパスすることができます。

バスドラムのピッチコントロール、ピッチデプスコントロール、ハイハットのピッチコントロールを搭載し、さらにトーンをコントロールできるようになり、オリジナルにはなかった3つのコントロールを搭載しています。

この現代的なアプローチは、あなたに両方の世界の最高のものを提供します。新しいサウンド、それとも古いサウンド?エンハンストモードかオーセンティックモードか?RD-9ではそれを決めることができます。」

「RD-9」の正式な価格はまだ発表されていませんが、ベリンガー社によると、出荷開始は2021年3月から4月の予定だそうです。

RD-8は日本では40,000円前後なので、同じような価格帯になるのではないかと予想されます。

[2021年6月5日追記]
Behringer社が「RD-9」の価格を349ドル/349ユーロと発表しました。一部のヨーロッパのショップでは2021年7月ごろに入荷予定で予約を始めましたが、正式な入荷予定日はまだわかっていません。

[2021年9月27日追記]
10月15日発売決定。価格は43,780円。

RONDOロータリーミキサーレンタル
1

ロータリーミキサーレンタル

「RONDO(ロンド)」はロータリーミキサー専門レンタル店です。DJの練習、ミックスの制作、クラブ、カフェ、バー、結婚式のイベントなど、様々な場面でご利用頂けます。全国どこからでもレンタル可能です。

フォローして最新情報をチェックしよう!